パネル表示しよう

真ん中の黄色い矢印のボタンは「ComputerButton」これをクリックすると「GamePanel」が現れます。

ということで、これがトップ画面。右のパネルのど真ん中にあるイメージ(ボタンコンポーネントつき)をクリックすると、左の子が表示されます。

アプリを稼働させると、こんな感じ。

Triggerが一般的かしら

初期状態 →  ボタンをクリックして、オープン → オープンした状態 (作ってはおいたけど、実装はしていない「クローズ」

ここの説明のブロガーさんは山ほどあるので、説明スキップ。

作成したTriggerは「Open」「Close」の二つ。どんな動きなのかは、名前のとおり。

Triggerをスクリップで設定する。

これもいっぱいあるけど、一応。

スクリプト名は「SubPanelControl.cs」c#です。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class SubPanelControl : MonoBehaviour {

	public Animator PanelAnim;

	// Use this for initialization
	void Start () {
		
	}
	
	// Update is called once per frame
	void Update () {
		
	}

	public void OpenPanel(){
		PanelAnim.SetTrigger ("Open");
	}
}

上記スクリプトは「GamePanel」につけています。動かしたいのは、このパネルだから。

AnimatorをPublicにしているので、スクリプトのところで、アニメーションをつけている、己を設定してあげる。

で、これを呼び出すボタンは、こう。

On Click()時に呼び出すのは、「GamePanel」なので、引っ張って設定。「GamePanel」に設定されている、スクリプト「SubPanelControl.cs」の「OpenPanel」関数を設定。

これで終了。

スクリプトなしでTriggerを稼働させる

この記事が、見つからなかったので書く。もっと探せばあるとは思いますけど、やっぱりスクリプトを作成してやるのが主流なのでしょうね。

やり方は簡単。

今回、TriggerさんはString型なので、それを選択し、Triggerを設定すれば良い。

完結な動きをするなら、スクリプトを作成して動かすメリットはないでしょうね。これでいいじゃん。Unityさんが楽にしてくれたし。

ただ、ボタン押してから数秒後に開きたい、もしくは他のパネルやらボタンを推せなくするとか、「アニメーション動かす以外」を混ぜ込みたかっただ、どうしてもスクリプトが必要になる。

全くの余談

椿さんのツイッターで、これすごいって思っていたUnity2017.3の機能。

ズームできる!!!

感動した。ものすごく便利。