Unity始めた時は、わからんかった

なに当たり前なこと言ってんだよってことかもしれませんけど。

私は知らなかったの!知ったのはほんの、一個前のアプリ作った時でした。

つまり、Prefubすごいってこと。アニメーターもまとめてプレハブ化できるー。

こんな感じのパネルがあるとしましょう。

こんな感じで動く。今は「Info」だけにしている。

で、同じ大きさのオブジェクト(ま、パネルですけど)を後3つ、作る。ShopとかSmsとかね。

初心者の私は、それぞれのパネルにAnimatorをそれぞれ作り(つまり4つ)、それぞれを動かしていました。

無駄だね!だって「Info」パネルを作って、Animatorまでつけた状態でPrefubしちゃえば良かったもんね。

スクリプトで区別してやれば良いだけの話。

Prefub化したInfoから、もう一つ作成してやる。

スクリプトは、ボタンを利用するところにつけてます。そこにPublicでAnimatorを設定させる。すると、できちゃう。

ねー。

Animator同じやつめっちゃ作ってたんだよねー。しかもその状態で公開したんだよね(一番初期のやつ)。

2個目のアプリの方が、色々と突っ込んでいるわりには軽いのですが、その理由の一つはこういう余計なものが集約されたからだと思うのね。

恥さらしということで、公開。