めっちゃかかった

人間二人にまる二日くらい。
先日のポストの動画とサイトさんを両方参考にしながらやりました。

Blenderで人のモデリング

・・・動画の方だと、もはや一日でアニメーションまで終わらせているけどなー。

いつかああなれるのか?

UnityでC#するのと、同じくらい楽しいね。今はむしろこっちのが楽しいです。

順番はこう

テクスチャー用意

モデリング

UVテクスチャーマッピング

感想

表情があんまり不要なので

目と口と鼻は、特にポリゴン割りせず、テクスチャーで描いているのですが。

何だろー。うーん。顔のパーツない方が可愛い気がした。

最初のテクスチャーよりは、顔がふっくらしている感じにしたから・・・顔ない方が愛嬌がありそう。ということでカオナシバージョン。

うん。カオナシがしっくりきます。

ポリゴンは細かくない

カクカクした感じを出したかったです。ここでスムーズ入れればどれくらい差があるのかとやってみました。

これが、現在のカクカクバージョン。

こちらがスムーズ追加したバージョン。うん。靴だけかな。靴だけ。ポリゴンの数が増えただけで大差ない見栄えをしているので、やっぱり荒めのままにします。

乙女ゲームの背景

背景をフォトショとかSaiとかのドロイングツールでいきなりかけないので、Blenderで作ってしまって、Png吐き出して色ぬりすればいいやと気づいた。

そうだ。そうしよう。格段に早い。

そしてLive2DとBlenderでの人のモデリングの時間も大差ない気がした。どうしよう。

完成版がこちら

もともと女性の髪色は茶髪だったけど、せっかくなので目立たせるべく、金髪!