Blenderが一番大変だった

情報は、溢れています。結構外国の素敵な肩がYoutubeに才能を寄付してくださっているので、参考書不要だと思った。

昔々5000円くらいのBlenderの参考書を買って一度の開いていない(しかも今回も参考にしていない)ということをしたのですが、Youtubeの方が丁寧です。英語分からなくとも、ボタンの動きで把握できるから。動画だもん。

Unity自体では苦労したところはないし、特筆することも特にないんだけど・・・。

とりあえずBlenderでもっとも苦労した、不要となったアニメーションの削除について書き残しましょう。

みんなアニメーション後から不要になることないの?後で「あーやっぱ不要だったべー」ってなったんだけどなー。不要なアニメーションがあると重くなるからどうしても消したかったのです。

こんなにただアニメーションを流すようなものは、ないからかしら。うーん。

アプリ公開できました

情報がなくて大変だった。完全手探り。割と、検索自体はやっているようだけど、求める情報がない。こうすればいいよってブログがあるけど、できなかったよ。

かなり偶然だと思う。とりあえず色々ボタン押してみて、なんとかなった感じ。丸二日?くらいは潰したような気がする。

アニメーションを削除しよう

とりあえずアニメーションを準備

上下するアニメーション「Action01」と右に動くアニメーション「Action02」。

今回はAction01を削除してみます。

NLAエディターでまずは削除

まずは、Action02を表示させてみましょう。NLAトラックで「保留アクション」に削除したいAction01があります。

それでは、NLAエディターを開きます。

現在表示しているのが、Action02。その下に、隠れているのが、保留アクションのAction01

Action01の【保留アクション】を選択して、キーボードの「X」ボタンで削除

保留アクションがなくなりました。ここでは

ビューのところでも保留アクションが削除がされています。

が、しかし。これでは削除されているかのように見せかけて生きている!しつこい!

ドープシートでアクションを削除

次にやるのが、ドープシートのアクションを削除。

アクションをつける、ドープシートを開きましょう。

現在開いているのは、「Action02」。ほらみて。「Action01」が「F」付きでいらっしゃる。

なので、Action01を開く。

「F」が押されているので、もう一度押して選択を解除する。すると数字が消えます。そして、「✖️」を押しましょう。

これで、やっと、Action01が削除されました。もう一度、アクション一覧を開くと、

Action01の前が「F」から「0」になっていることが確認できます。

これでやっと、消したかったアニメーションが削除されました。本当に消えたのか確認したいので、Blenderデータをセーブして、開き直してみましょう。

アクション一覧を見ると、なくなりました。

いやー。これを知るまで大変だった・・・。本当、大変だった・・・。Blender嫌いになりそうだった。

まとめ

1。削除したいアクションを以外を開いておく。

2。NLAエディターで削除したアクションを削除。

3。ドープシートで削除したいアクションを開き、「F」を解除。そして「X」をおす。これで削除。