5秒の法則

日本では翻訳発売されていないんですが、メル・ロビンスさんの「5秒の法則(ルール)」という本をご存知でしょうか。

※ブロガーさんのまとめ見つけた:
「やる気は5秒で死んでしまう」 行動のブレーキを外すための”自分ルール”のつくりかた

あんまり、この手のビジネス参考書みたいなものは好きじゃないのですが、初めてこれは!と思いました。

要は、「やらないといけないことがわかっているのに、面倒臭く、言い訳を考えていようとしているとき、5、4、3、2、1とカウントダウンを行いとりあえず体を動かす」。

人によって違うと思うのですが、私には有効でした。

・・・どうだろう、秒単位でスケジュールで締め付けられている日本人は向いてるのでは(泣)

目標の見直し(という言い訳)

今まで作っていたものは、飽きると思って「こういうものが作りたいな」と思って、作り始めたものでした。

難しくないし、できるものだと、今も思っているのですがおそらく1年は必要になるのかと。風呂敷を広げすぎて、やらなければいけないものが多すぎました。

というのを年末計算してみた(笑)。

5月で公開できるものにチェインジ。

①機能ごとにパッケージ化して、後で別のアプリに使えるようにする

→部分部分でパッケージ化することができることを知ったのが、つい先先月。

パッケージ化するものも洗い出す。

②風呂敷は広げすぎない。

③ゲーム性は極めて単純に。パズルゲームレベルで。

④人物絵以外は、極力、著作権フリーの素材で賄う。

結構細かいところまで詰めてから、アプリの製作に入ろうと思っています。前回の失敗は、飽きるを想定してだらだらやったのもあった。

今回は割とスケジュール真っ当に組んでやってみようかと。

・・・社畜の成分が消えない。

そして社会人辛い。

来週月曜日までには、どんなアプリにするかガッチガチに決めておきます。